×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シングル の 老後

シングル の 老後 についてどう考えていますか?最近は、結婚をしない男女が増えてきています。このことは、シングルで老後を迎える男女が増えると言うことです。若くて働けるうちは、あまり問題もないのですが、定年を迎え仕事もなくなり、自由時間の老後の生活となると、住居や一人暮らしの寂しさなど、男女関係なく訪れる問題があるのです。若いうちからシングルの老後についてきちっと考えてみませんか?

スポンサード リンク

シングル の 老後

シングル の 老後 について考えたことがありますか?

結婚をしないシングルの男女が非常に増えており、

やがて、このシングルも老後を迎えるのですが、

ぼんやりと老後について考えていても、

真剣にシングルの老後についてのリスクについて考えていないのです。

若いうちは、食事は外食や惣菜ですますこともでき、

洗濯は、クリーニング屋に頼めばクリアーできますし、

部屋が汚れたと思えば、ホームクリーニングに頼めば、

風呂場や台所まで見事に綺麗になります。

でも、それは、収入があるからであり、定年を迎え、

老後の収入が年金のみであれば、

そのようなサービスを利用することが出来なくなります。

でも、お金など生活費の不安は、投資や貯金をつかえば、

解消することが出来ます。

ここで、シングルの老後の問題となるのは、

パートナーがいない人が多いということです。

パートナーがいないシングルの老後は、

話し相手がいる人が少なく、寂しい思いをする人が多いのです。

若い人でも、話し相手がいないと鬱になる人が多いように、

老後に寂しい思いをすると、痴呆症にかかる可能性が高くなります。

これは、話すことが無く、脳への刺激が少ないからなのです。

また、病気になったときにシングルは問題なのです。

ある程度の年齢になると、介護サービスもうけれますが、

今後、老齢者が増えてくるにつれ、介護サービスも受けにくくなります。

そうなると、病気になっても、自分のことは、自分でしないといけません。

若いうちは、老後は人に面倒をかけないと思っていても、

老後になるとそうも言ってられなくなるのです。

シングルの老後のリスクをどうカバーするか、

若いうちから真剣に考える必要があるのです。