×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

老後 の 費用

老後 の 費用 について、考えたことがありますか?老後の費用で考えないといけないのは、長生きをしたときに発生する費用なのです。老後の生活費については、多くの場合80歳ぐらいまでを考えていることが多いのですが、最近では、医療の発達と共に、90歳以上生きていることが増えてきているのです。でも、健康体で生きている場合と、寝たきりで生きている場合とでは、かかる費用が大きく異なってくるのです。かかりそうな費用で、お金で支払える場合は、いいのですが、荘でない場合は、リスクを分散するために、保険を利用することも考えないといけません。老後にかかる費用について一度真剣に考えて見ませんか?

スポンサード リンク

老後 の 費用

老後 の 費用 について、どのように考えていますか?

老後の費用に関しては、多くの本に書かれているのですが、

3千万とか5千万とか色々と書かれており、

いったい老後の費用がいくらかかるのか、

普通の人はわからず、不安になると思うのです。

老後の費用は、いくら用意すればいいのでしょうか?

じつは、この問題の答えは、当たり前のことなのですが、

人によって準備しなければならない貯金や資産は、

大きく変わってくるのです。

老後の費用について、ある程度正確に知りたいのであれば、

有料ですが、ファイナンシャルプランナーにライフプランを

作ってもらうことにより、年金がいくら入り、

貯金をいくら準備すればいいのかわかるのです。

中には、このままの状態であれば、何歳の時に破産するとか、

明確に判ってきます。

もちろん、病気をしたり、急な出費があれば、条件がいろいろと、

変わってはくるのですが、それでも、不意な出費に関しては、

保険に入ってリスクをカバーするなど、不安を減らすことが出来ます。

それでも、老後に関しては、いつどうなるのかが判りません。

そのためにも、老後であっても、年金以外に収入を得ることや、

資産を増やすことについて考えないといけません。

特に、資産運用に関しては、

お金を出し、有料セミナーなどに参加して、

自分で勉強する必要があります。

多くの人は、資産運用に関しては、

証券会社の営業に言われるままの人などが多いのですが、

お金の運用に関しては、自己責任なのです。

老後の費用に関して不安があるのであれば、

資産運用についても勉強してみてください。