×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

老後 の 生活

老後 の 生活 は、どう暮らしますか?老後の貯金や費用に対し、不安はないですか?早くから老後の資金をためている人は、年金に頼らなくても良い生活を手に入れているようであり、中には、老後に沖縄や、マレーシアフィリピンなどに移住している人もいます。でも、多くの人は、そのような生活が出来ないようなのです。また、さいきんでは、老後の一人暮らしが増え、生きがいも無く、人知れず死んでいく人も、増えてきているのが現状です。そんなこんなで、老後に対し、不安を抱いている人が非常に多いのです。まして、団塊の世代の人は、ちょうど定年を迎えているのですが、仕事ばかりしていたので、老後をどう過ごせばいいのか判らない人が非常に多いのです。でも、老後は、計画を持って過ごせば、快適に過ごすことも可能なのです。老後の生活、つまり、老後の暮らし方について考えてみませんか?

老後 の 生活

老後 の 生活 をどう過ごしますか?

老後の貯金はどうですか?生活費はいくらかかりますか?

こう聞くと、さっと答えられる人は、意外と少ないのです。

老後は、誰にでも来るものなのですが、

老後の準備に対し、万全な準備が出来ている人は、

あまりいないのが現状なのです。

団塊の世代が、一斉に定年を迎え、老後の生活に入るのですが、

多くの人は、仕事ばかりしていたので、

生活費の問題はともかく、どう過ごしていいのか判らない人が、

非常に多く、不安にさいなまれて、自殺をする人も出ているのです。

でも、老後といえど、それまでの生活とは、実は大きく変わらないのです。

老後の生活費を性格に把握し、入る年金や貯金を調べ、

比べていくと、毎月使える生活費が見えてき、

その範囲で楽しめば、いいのです。

年金がある程度はいり、貯金もそこそこある人は、

沖縄を始め、マレーシア、フィリピンなどに移住をする人もいるのです。

マレーシアやフィリピンと言うと、不安を持つ人がいますが、

日本に、老人介護で、多くのマレーシア人や、

フィリピン人が来日し、作業をしているのですが、

彼女らは、目上の人を敬うと言う文化があり、

非常に評判がいいのです。

このように、老後の生活は、お金さえあれば、

いろいろな選択肢があるのです。

別に、今現在お金が無くてもかまいません。

ファイナンシャルプランナーとかに相談し、

ライフプランをシュミレーションし、

足らない部分をどう補うか考えればいいのです。

老後の生活は、頭一つで快適に暮らせるのです。