×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

独身 の 老後

独身 の 老後 をどう過ごしますか?独身は、気ままに暮らすことが出来るのですが、その反面、独身の老後には、いくつものリスクがあるのです。独身でもお金さえあれば、なんとでもなる環境が整い、独身の男女が増えてきている現在ですから、老後のリスクについて真剣に考えてみる必要があるのです。独身の老後について、一度真剣に考えて見ませんか?

スポンサード リンク

独身 の 老後

独身 の 老後 に、不安を抱いている人が、非常に増えています。

これは、独身の人が増えているからなのですが、

独身の老後で一番問題になるのが、

病気になったときなのです。

自分で病院に通院できる場合は、いいのですが、

寝たきりになったり、持病が急に悪くなったときに、

介護をしてくれる人もいないですし、

救急車を呼んでくれる人もいないのです。

独身で一番怖いのは、この急に病気が悪くなることなのです。

これは、老後だけでなく、若いときでもそうなのですが、

実際に、私の知り合いが、30代で脳梗塞で倒れたときに、

独身で、他の家族にも連絡が取れずに、

すぐに手術すれば、なんとかなったようなのですが、

家族の手術の了承が取れないということで、

手遅れとなってしまい、寝たきり状態になってしまったのです。

このように、独身の老後には、リスクがあるのです。

また、若いときは、仕事などを通じ、

人と触れ合うきかいがあるのですが、老後となると、

そういう人との交流が減ってしまい、

気が付くと、社会とかかわりを持つことが出来ない状況に、

陥ってしまうことになってしまうのです。

もし、独身で、死んでしまえば、誰にも気づいてもらえず、

ミイラ化してから発見なんてことにもなりかねないのです。

事実、そんなことが、非常に増えているのです。

独身であればこそ、いろいろなサークルや、教室に参加し、

社会とかかわりを持つことが重要になってくるのです。

でも、老後になってから、急に社会とかかわりをもとうとしても、

関係をもつことができないので、

若いうちから色々なサークルとかに参加して、

社会と関係を持つようにしましょう。